崩れないファンデーション

スキンケア視点の崩れないファンデーション

崩れないファンデーションというカテゴリーで探していると
本当にたくさんのファンデーションが見つかって迷ってしまいますよね。

 

 

ここでは

【崩れない】
【スキンケア】
【コスパ良し】

の3点で調査し、厳選したファンデーションをご紹介します。

 

 

全てスキンケア視点で開発されていますので、
ご自分の肌に合わせやすいものとなるかと思います。

 

 

雑誌やテレビなどでも1度はご覧になっているかもしれません。
メディアで取り上げられているものはしっかりした実績があります。

 

 

仕上がりの美しさ中心のファンデーションや長時間の崩れないファンデーションでは、
どうしてもそれなりの強い成分が必要になります。

 

いくら崩れないファンデーションと言っても成分が強く、長く使っていく上で
肌への悪影響をためていってしまっては困りますよね。

 

 

ファンデーションは、
どこまでいっても異物を肌につけている事実に変わりはありません。

 

加齢に伴って、
どれだけ肌への異物感を減らすか?ダメージを減らすか?

 

とても大切になってくるかと思います。

 

 

崩れないファンデーション〜肌に優しくコスパ良し!売れ行きベスト3

 

 

 

 

 

 

肌に悪いミネラルファンデーションもあります。

 

 

天然鉱物がメインの脱ケミ化粧品、
ミネラルファンデーションでも肌に良くない成分が含まれているものもあります。

 

そのトップ2が
【酸化チタン】
【オキシ塩化ビスマス】

 

どちらも敏感肌やスキンケアを考える上では、とても有害となります。

 

 

酸化チタン

ほとんどのミネラルファンデーションに配合されている紫外線防止成分です。

 

本来は紫外線から肌を守っていくれる役目があります。

 

ですが、紫外線を防止した際に微量ながら活性酸素を発生させてします事がわかりました。
一時期、騒ぎになりましたが、信頼の高い国産ファンデメーカーでは早急に
コーティングを施し、紫外線も防止しつつ活性酸素を発生させない対策を行いました。

 

活性酸素は、細胞の老化原因、病気の原因としても有名ですね。

 

外国産では酸化チタンコーティングは、依然、普及していません。
少しでもご自分の肌へ悪影響を与えたくない方は純国産品を選びましょう。

 

 

オキシ塩化ビスマス

 

オキシ塩化ビスマスは、基本、無害の白色顔料です。
多くのミネラルファンデーションに含まれている成分になります。
艶のある自然な仕上がりを目指せる成分です。

 

 

ほとんどの方では悪影響がないとされていますが、

 

極稀に敏感な体質、タイミング、体力などによって赤みやかゆみ、
ニキビといった肌トラブルを引き起こすことが確認されています。

 

 

特にニキビなどを引き起こしてしまう方では、ニキビが気になってミネラルファンデーションを選んだのに
ニキビができてしまう、、、といった悪循環になってしまう事も。

 

 

 

 

以上2点は、成分面から考えて影響が問題視されているものになります。
上記のトップ3商品では全て対策済みになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事や旅行、フライトなどによる長時間のメイクは気になりますよね。
崩れないファンデーションがあれば、どれだけ楽か、、、
とはいっても毎日毎日、顔に塗るものでもあります。
つまりは、肌を塞いでしまっているワケです。
外部からの刺激から守ってくれている点も大切になりますが、基本的に異物なんです。
私も若いうちは、成分なども全く記にせず、ドラッグストアなどに売っている安いファンデを選んでいました。
ですが、アラサー女子となって今では、今後のお肌の事も切に考えてしまうようになりました。
特に乾燥です。
仕事で疲れきってしまい、ファンデを付けたまま寝てしまう事も多々あります。
次の日の罪悪感といった、、、
当サイトでは、崩れないファンデーションを基準としながらスキンケア視点も忘れていません。
トライアルセットレベルの価格帯をクリアしているものですので安心して試していただけると思います。
アラサー女子のファンデ選びは長期的な目線が大切かと思います。
ほんのちょっとでも肌へのダメージが蓄積されてしまうようなメイクはしたくないですよね。
レイチェルワインなどは肌に悪い成分は一切配合しないと宣言しています。
神経質なくらいお肌を考えてあげても良いお年ごろですよね。

当サイトの情報がお役に立てれば幸いです。